Best Album of 2017 Top11-20(hitomi)


11.LCD Soundsystem – american dream

写真引用元:https://lcdsoundsystem.com

ファンが待ち望んだ復活作は、言うまでもなくパーフェクトだった。序盤で徐々に高まる高揚感、中盤ではロックとテクノのぶつかり合いに踊らずにはいられず、終盤では不穏な空気感漂うメロディーに無意識にもゆらゆらと頭を揺らしてしまう。この不穏さは、社会と対峙した作品だからこそなのだろうか。改めてタイトルの”アメリカン・ドリーム”について考えさせられる。

12.The National – Sleep Well Beast

写真引用元:http://americanmary.com

ずっと待ち望んでいた4年ぶりの7作目。クラシカルでありながら、鋭く刻まれるビート、ジーーーンと響くギターなど・・・今まで以上に抜群に格好良くて初めて聴いた時は震えが止まらなかった。疾走感ある『Day I Die』から、囁くように歌い上げる『Walk It Back』、ストリングスやギターのアンサンブルが素晴らしい『Sleep Well Beast』まで、あっという間の58分である。

13.Beck – Colors

写真引用元:http://beck.com

こんなポップなBeck、見たことない!でもこんなBeckも大好きだ!と思わず声に出してしまった。前作がセピア調だったのに対して、今作はタイトル通り色鮮やかで1曲の存在感の大きいこと。Beckはどんな曲でも作れてしまうんだなと改めて尊敬してしまう。

14.Gorillaz – Humanz

写真引用元:http://gorillaz.com

Gorillazの新作については下記のブログにコンセプトや背景がまとめられていて面白いので是非読んでほしい。

GORILLAZ『Humanz』は2017年を代表する一枚だ 柴 那典がK・ラマー『DAMN.』と比較考察

単なるパーティー感ある作品ではなく、そこにはデーモンのメッセージが込められていた。私は今年、Gorillazの影響でKilo KishやZebra Katzにどハマりした。

15.The Head and the Heart – Stinson Beach Sessions

写真引用元:http://theheadandtheheart.com

シアトル出身の6人組の3作目。レトロでフォーキーなサウンドの中に散りばめられたピアノの音色が感傷的で美しい。あたたかい日差しが差す場所でうとうとしながら聴きたい1枚。

16.Benjamin Gibbard – Bandwagonesque

写真引用元:http://benjamingibbard.net

Death Cab For CutieのBenjamin Gibbardが、1991年のTeenage Fanclubのアルバムをフルカバーした作品。彼が自分の好きなレコードに敬意を持って扱い、Benjaminらしく現代的に、忠実にカバーしたことがうかがい取れる最高のカバーアルバムだ。

17.warbear – warbear

写真引用元:http://www.warbear.jp

2016年に解散したGalileo Galileiのフロントマン、尾崎雄貴のソロプロジェクト。Galileo Galileiらしさは残るけれど、随所にサックスがフィーチャーされていたり、全体的にモダンな仕上がりになっている。尾崎さんの作る新しい音楽を聴けるだけでもファンとしては嬉しいのに、こんなにノスタルジックでずっと聴いていたい素敵な作品を世に出してくれて、本当にありがとうと伝えたい。

18.Kaitlyn Aurelia Smith – The Kid

写真引用元:https://kaitlynaureliasmith.bandcamp.com

近年精力的に新作を発表し続けているワシントンの北西部にあるオーカス島出身の女性アーティスト。前作にも増して洗練されたAnimal Collectiveのようなサイケデリックさは、今年一番宇宙を感じる電子音楽と言えよう。

19.Nick Murphy – Missing Link

写真引用元:http://nickmurphymusic.com

2016年にChet Fakerから改めNick Murphyとして活動していくことを発表した彼が、突如予告なしにリリースしたEP。5曲と少なくはあるが、満足感の大きい一枚。特に『Forget About Me』が好き。

20.Grandaddy – Last Place

写真引用元:http://www.grandaddymusic.com

Grandaddyが結成されたのは私の生まれ年だ。一度解散して再結成した彼らのこの作品が、こんなにも自分に響いたことに少し驚いている。少し怪しげなシンセと、ギター・アルペジオが素敵なアメリカの田舎町を連想させられる風通しの良い作品だ。